top of page

X線画像から心不全の発症確率を診断する医療AIの開発に成功

徳島大学と帝京大学の共同研究において、胸部単純X線画像から心不全の発症確率を算出し、専門医以上の精度で病態および予後を推測することが可能な人工知能(AI)の開発に成功しました。この研究成果は当社代表の徳島大学における研究成果として、2023年5月19日に国際英文誌「Frontiers in Cardiovascular Medicine」に掲載されています。


生活習慣の欧米化による虚血性心疾患や、高齢化による高血圧・弁膜症の増加などで、心不全患者は急増しており全国で約120万人が罹患しています。開発に成功した医療AIは、心不全の疑いがある患者の胸部X線画像と、カテーテルを使った精密検査の結果を900人分学習しました。これにより、患者の胸部X線画像を解析し、約20秒で心不全の発症確率を0%〜100%で数値化します。


診察等で広く用いられる胸部X線画像があれば、心不全の重症度と予後を予測できることが明らかとなりました。医師不足、専門医不足の地域での活用も視野に入れ、実用化に向け臨床研究を進めてまいります。



◼︎お問合せ先

info@southwood.co.jp

閲覧数:101回0件のコメント

最新記事

すべて表示

J-KISS型新株予約権による1億円の追加資金調達を実施いたしました。

当社は、2024年3月29日付で産学連携キャピタル(AIAC※1)より、J-KISS型新株予約権※2による1億円の追加資金調達を実施いたしました。 今回の増資を受け、超音波医療AIの事業化を加速してまいります。 ※1 産学連携キャピタル(AIAC)とは、国立大学法人徳島大学、株式会社阿波銀行、株式会社地域経済活性化支援機構(REVIC)及び一般社団法人大学支援機構の協力により、2020年4月に設立

「国立大学法人 琉球大学発ベンチャー」を取得いたしました。

当社は、2024年2月28日付で琉球大学公認の大学発ベンチャーと承認され、「国立大学法人琉球大学発ベンチャー」を取得いたしました。 これにより、ベンチャー向け施設の優先使用など、琉球大学から支援を受けることができます。今後は、琉球大学と連携を深めながら医療DX化を進めてまいります。 番号   :琉大 第9号 認定日  :2024年2月28日 ◼︎お問合せ先 info@southwood.co.jp

「ISO 9001:2015」を取得いたしました。

当社は、2024年2月14日付で品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO 9001:2015」の認証を取得いたしました。 ISO9001:2015は、お客様に良い商品やサービスを継続的に提供する仕組みの管理を求めています。物理的な品質だけでなく、顧客満足度も含めた管理体制を有することが認証の条件です。 今後も品質マネジメントの改善を継続的に行いながら、医療DX化を進めてまいります。 ■「I

Comments


bottom of page